2ヶ月で5キロ痩せる40代の挑戦!1ヶ月で5キロ以上痩せたダイエット失敗談から

40代で1ヶ月5キロ以上痩せたダイエット成功談ダイエット
この記事は約17分で読めます。

40代なんだけど
 2ヶ月で5キロ痩せられる
 なんかいい
 ダイエット方法ってないかな?」

(記事冒頭に
 いきなり突然でありましたが)

当ブログ管理人である私は
ダイエットを腰を据えて始める前は
〝3キロ〟痩せるのに
ものすごく苦労したものですが、

しかし、今から約4ヶ月前に

(人生で初めて)

「よし!ダイエットするぞ!」と

気合いを入れて
ダイエットをスタートさせてみて、

(ダイエット中はやはり
 それなりの〝つらさ〟はありましたが)

1ヶ月で5キロ以上
3ヶ月で約10キロ痩せることが
出来ました。

(ダイエット成功後の
 2018年7月11日に撮影▼)

ダイエットで10キロ以上痩せた40代

また、
(ダイエット成功後の)今も
身体のメンテナンスは継続していて
日々リバウンドとは
まったく無縁に過ごせています。

そこで、当記事では

2ヶ月で5キロ痩せる40代の挑戦!
 1ヶ月で5キロ以上痩せた
 ダイエット失敗談から〟ということで

ダイエットに
興味や関心をお持ちの方に対して
何かそのヒントになれるようなことを
お話していければと思っています。

また、当記事は

(私自身のダイエット体験談を
 数記事にわたり執筆している中の)

第3章】にあたりまして、

(【第1章】はこちらからです▼)

ダイエット成功談!40代が3ヶ月で10キロ痩せた「半日断食」の極意とは
当記事はダイエットにご関心やお悩みがある40代の方々に対してハードな事はせずお金もかけず少し工夫だけでダイエットに成功することが出来るということを〝ダイエット成功談!40代が3ヶ月で10キロ痩せたスタートライン〟ということで何かヒントになることをお話できたらと思っています。

私と同じ40代の方であっても

半日断食〟を

しっかりと習慣化してみることで、

(つらく苦しい思いをせずに)

2ヶ月で5キロ痩せる〟ことは

(十分に)可能であるということを

(当記事の)結論】として

以下、私が

ダイエットをスタートさせてから
5キロ以上痩せることができた

1ヶ月間〟の様子を

お話していきます。

「スポンサーリンク」

2ヶ月で5キロ痩せる40代【取り組み】

では、まず

私が
ダイエットをスタートさせた
最初の〝1ヶ月間〟は

「どのような〝取り組み〟をしたのか?」

というところから
お話をしていきたいと思います。

私は
(今から約4ヶ月前に)
ダイエットをスタートさせた際には
(まず)無駄な間食
当然のごとく(全て)ご法度として、

また、食事の量を

(それまでの〝食事量〟に対して)

朝食は半分までに減らして
 昼食は青汁一杯だけ
 夕食は3分の2までに減らす

というようにしました。

私は

ダイエットをスタートさせた当初は
ファスティング〟に
ものすごく惹かれていたこともあり、

(「とりあえず当面の目標は
  まずは〝1日1食〟を目指す!」
 ということで)

「とにかく食べる量を減らす!」と

かなり気合を入れて
ダイエットをスタートさせました。

また、私は

ダイエットをスタートさせてからの
最初の〝1ヶ月間〟は

「絶対に食事量は増やさない!」と

頑固なまでに

1日1食(の目標)〟を

達成させることばかりを考えていて、

「摂取カロリーを減らした方が
 身体にはいいんだ!」と

ファスティング効果を
過度に期待して
食事の量を減らすことに
意地にもなっていました。

しかし・・・

その反面では
身体と心のバランスが
あまり良くない症状が出てきて、

「なんか
 身体の調子…いまひとつだな…」と

いうことも少なからずありました。

私はその当時

身体と心がそのように
あまりかんばしくないにも
かかわらず、

「どうしたら
 この空腹感は収まるのか?」

「どうしたら
 食事量を減らしつつも
 身体と心のバランスを
 維持することができるのか?」などと

その状況を
上手く
切り抜ける手段はないものかと
自分なりにあれこれと
試行錯誤を繰り返すということを
していました。

そして、私は今改めて

ダイエットをスタートさせてからの
この4ヶ月間を振り返ってみますと、

「どうしたら
 身体と心に負担がなく
 健康的に痩せることができるのか?」と

(心身ともにつらいながらも)

自分なりに
あれこれと試行錯誤を繰り返した

(その最初の)1ヶ月間の経験〟こそが

その後
挫折することなく
ダイエットを続けることができた
原動力になっていたと思いますし、

また
今後も身体のメンテナンスを
継続させて行くことができる
その貴重な財産になっていると
思うのです。

ですから、

当記事をご覧いただいている
あなた様が

2ヶ月で5キロ痩せるには?」と

思われていらっしゃるならば、

まずは

(〝半日断食〟を習慣化することを
 〝目標〟とされつつ)

ダイエットスタート後に

(ご自身なりにあれこれと)

試行錯誤をされる覚悟〟を

是非とも持っていただきたいと
思うのです。

「スポンサーリンク」

2ヶ月で5キロ痩せる40代【失敗談】

では、続いて

私の(ダイエットの)

(最初の1ヶ月間の)成果〟から

お話をしていきたいと思いますが、

私はダイエットを始めた頃
体重は76キロを少し超えていて
その1ヶ月後に
70キロを少し切るくらいにまで
なりましたので、

結果的に私は

(ダイエット1ヶ月間で体重が)

6キロ以上〟減ったことになります。

また、私は

(今回人生で初めて
 ダイエットに挑戦するにあたり
 お金をかけずに試行錯誤をすることで)

(ダイエットに対する)自信〟を

身に付けたかった
ということもありましたので、

(1ヶ月間でこのように)

6キロ以上〟痩せることが出来た

その嬉しさは
やはり格別のものがありました。

(世の中では
 「これをすれば痩せる!」とか
 「これを飲めば
  楽にダイエットできる!」などと
 ダイエットに関する情報が
 いろいろと溢れていますが)

私はただシンプルに

食べる量を減らした〟だけで

1ヶ月間で〝6キロ以上〟も
体重を落とすことが出来たことで、

「ダイエットって
 世の中で
 いろいろと騒がれているよりは
 意外とカンタンなのかも!」と

今は思えたりもするのです。

しかし…

私は
ダイエットをスタートさせてから
(上記のように)
食事の量を
一気に減らしてしまったことで、

(最初の1ヶ月間は
 足がつったり…
 のどがずっと痛かったり…
 フラフラしたり…
 立ちくらみがしたり…と)

いろいろな
症状に悩まされるとともに、

体重が減ったという喜び以外は
ほとんど
つらさや苦しさとの闘いでもあり、

また、

(ダイエットに対する〝やる気〟も)

2週目・3週目と
日を重ねるごとに
徐々にトーンダウンもしたことで、

さすがに(その当時は)

「ダイエットって
 意外とカンタンなんだな!」などと

口が裂けても
言うことは当然に出来ませんでした。

また、私は

(ダイエットをスタートさせて
 1ヶ月が過ぎた頃に)

食べ物の

(感動という名の)誘惑〟に負けて、

とある夕食後に

 キットカット2袋(24枚)を
 一気に食べてしまったり…
 人様から頂いた
 クッキーなどのお菓子類を
 すべて食べ尽くす…

ということを仕出かしましたが、

確かに、その頃の私は

(ダイエットにより
 味覚が研ぎ澄まされていたのか)

それまで
ふつうに食べていた
食べ物の(本来の)美味しさ
気付いて、

この上ない

感動〟とともに、

(食べ物に対する)

感謝〟の気持ちが

(沸々と)湧いてきたものです。

また、私は

(上記のように
 かなりの量のお菓子類を
 食べてしまった際に)

不思議と

「あ~…
 食べてしまった…」

「俺はなんて意志が弱いんだ…」などと

後悔の念に駆られたり
自己嫌悪に陥ったりということはなく、

むしろ

「なるほど!
 もしかしたら
 これが
 リバウンドへの入り口というものか!?
  ・・・
 ここで
 このまま食べてしまう道を選ぶ
 それとも
 この失敗を上手く活かす道を探す
 おそらく
 ここが運命の分かれ道なんだろうな!」と

思うとともに、

「俺は
 なんであのとき
 キットカット2袋(24枚)や
 クッキーなどのお菓子類を
 あんなにも
 食べてしまったのだろうか?

「もしも
 今後またあの時のように
 お菓子などを食べたくて仕方がない
 衝動に駆られてしまったら
 どうやって
 その欲求を抑えればいいのだろうか?」などと

(無性に何かを食べたくて仕方がない
 その衝動を抑えることが出来なかった)

理由〟や〝今後の対策〟ばかりを

考えていました。

そして、私が

このとき考えた対処法

〝食べたいと思う気持ちや
 そのときに感じている
 感情・衝動・欲求など
 『10分間
 紙にひたすら書きだしてみる〟

というものでした。

私は(良くも悪くも)

〝転んでもただでは起きぬ〟という

ところがありまして、

(上記のような失敗に対して)

「なぜ失敗したのか?」と

その原因を分析して
突き止めないと気が済まなかったのです。

(世の中では
 「ダイエットは難しい…」と
 言われていますが)

ダイエットに
チャレンジされながらも
(残念ながら途中で挫折をして)
失敗をされてしまう方々というのは、

(私が仕出かした上記のような)

失敗〟を1度でもすると

「あ~
 やっちゃった…」

「なんて
 私は(俺は)意志が弱いんだ…」

「やっぱり
 ダイエットは無理かも…」などと

もう取り返しがつかないと
思い込んでしまい、

(私のように
 〝転んでもただでは起きぬ〟という
 ある種の欲深さを
 持ち合わせていなければ)

失敗を次の成功への
ステップとして捉えることは

ハードルの高いこと〟なのかも

しれませんし、

(そのように考えてみますと)

ダイエットを
続けていくということは
やはり〝難しい〟ことというのも
納得できます。

しかし、

(失敗を次の成功への
 1つの通過点として捉えることは
 難しいとしても)

それまで
一生懸命に(食欲を)我慢して
ダイエットを頑張っていながら

1度や2度、いや3度・・・と

ドカ食いをしてしまったからと言って
それまでの努力が
それですべて水の泡となり

ダイエットに失敗してしまった…

ということにはなりませんし、

また、翌日から

(気持ちを切り替えて)

「昨日は食べちゃったけれど…
 今日から
 またダイエット再スタートだ!」と

前向きに
(ダイエットを)再スタートさせれば
いいと思うのです。

ちなみに、私は

(実際そのようにして)

今日まで
リバウンドをすることもなく
ダイエットを
続けることが出来ていますし、

また、

(上記の
 〝10分間〟の対策の話のように)

1度や2度・・・の

(失敗の中にこそ)教訓〟があり、

成功に一歩二歩と近づくことが出来る
ヒントが隠されているものと
思うのです。

ですから、

(あなた様が
 「2ヶ月で5キロ痩せるには?」と
 思われていらっしゃるならば)

あなた様はまずは

(〝試行錯誤をされる覚悟〟とともに)

失敗を恐れない気持ち〟を

是非とも持っていただきたいと
思うのです。

「スポンサーリンク」

2ヶ月で5キロ痩せる40代【試み】

では、ここから

(私がダイエットをスタートさせて
 最初の〝1ヶ月間〟は
 「どのようなことを試みたのか?
 ということについてお話をしながら)

40代の方が
 2ヶ月で5キロ痩せるためのヒント〟を

お伝えしていきたいと思います。

試み①(1日1食を目指す)

私は

(上記でも
 お話をしましたように)

ダイエットをスタートさせた当初は

(〝1日1食〟を目指していたこともあり)

「なんとか
 朝食を抜くことはできないか?」と

幾度となく
(朝食を抜くことを)
チャレンジしてみましたが、

(「もうむり…絶対にむり…」ということで)

今は

朝食は食べる

という結論に至っています。

ちなみに、私が

朝食を抜くという試みが
ことごとく失敗した理由
とても単純な話でありまして、

(私の夕食の時間が
 例えば
 夜の8~9時頃であるなら
 毎日14時間くらいの
 断食をしている私にとっては
 朝食を抜くということは
 それほど
 難しいことではないのですが)

実際には
私の夕食時間は
午後4時でありまして
朝食を抜くとなると
断食の時間が
19時間くらいとなってしまい…

試しに朝食を抜くことを
2度3度とチャレンジしてはみたものの

その度毎に(案の定)

苦しすぎて
 (仕事にも差し支えるので)
 さすがにむり…」ということで

それからは
朝食を抜くということはせずに、

(今現在私は)

1日1食のチャレンジ〟は

保留ということになっています…

また、
私の生活習慣となっている
半日断食〟についての
詳しい内容は
別記事にて書いていますので、
よろしければ
こちらをご覧いただければと思います▼

半日断食で痩せすぎる事実を大暴露!半日断食を毎日続けた驚くべき効果とは
私は半日断食の習慣を上手く活かして12kg減のダイエットに成功して更にその後も体重が若干減りましたが、半日断食の習慣はその性質を活かすことで痩せすぎることさえも可能であり、当記事ではそのような〝半日断食で痩せすぎる事実を大暴露!半日断食を毎日続けた驚くべき効果〟ということでお話していきます。

試み②(栄養バランス)

私は

(ダイエットをするに当たり)

「これは食べない方がいい…」とか

「あれを食べた方がいい!」などと

いろいろ
ごちゃごちゃと考えることに対して

面倒くさい…」と

思ってしまう(タイプの)人間でして、

また、私は

人生を47年以上も生きている
その人生経験による勘(!?)のようなもので

「あれがいい
 これがいいと言うのもいいけれど
  ・・・
 偏食せずに
 何でも食べた方が
 健康によくて
 (結果的に)痩せやすく
 なるものなんじゃないの!」などと

(やや身勝手な)

思いもありまして、

私は
ダイエットをスタートさせてから
食べる量は減らしつつも
偏食はせずに
何でも食べるようにしていました

また、

ダイエットと言うと

(世間ではよく)

「あの食材は
 ダイエット効果がある!」

「これを飲むと
 痩せやすい身体になる!」などと

いろいろなことが
言われたりもしますが、

(4ヶ月で
 〝10キロ以上痩せた〟
 私のダイエット経験からしましても)

無駄な間食を止めて
(1日3食トータルとして)
食べ過ぎないようにして
(旬のものを中心に)
偏食せず何でも食べていれば
体重は適正値まで
ふつうに減るものと思いますし、

また、現に私は

(最初の1ヶ月は
 無理をしましたけれど…)

偏食をせず
何でも食べていたなかで
体重は10キロ以上減らすことが
出来ています。

また、世の中では

栄養のバランスが良い方が
 (健康的に)痩せやすくなる」と

言われることもありますが、

私は(実際に)

(偏食せずに)何でも食べる〟ことで

ダイエットに成功しましたし
確かにその通りであると思うのです。

試み③(空腹を和らげる)

私は

(ダイエットスタート後
 1ヶ月くらい経ってから)

空腹を和らげるものとして

重曹がいい】ということを知りまして、

それ以来

(重曹を水に溶かして)

常備するようにしていますが、

重曹水!
 マジでこれけっこういいぞ!」と

今も欠かさずに常備しています。

また、

重曹】は

かなり安く入手できますし
また歯磨き粉の代わりにもなって
利用価値がとても高いですが、

ただ、

重曹水を摂取する際には
(1日の)上限〟がありますので
その点には注意が必要となります。

ちなみに、

私は(〝薬局〟で)
炭酸水素ナトリウム含有100%
(300円+税)のものを
買うようにしています。

「スポンサーリンク」

2ヶ月で5キロ痩せる40代【反省】

では、ここから

私の

ダイエット生活1ヶ月目の

反省】ということで

以下、

(私のダイエット経験を通して)

あなた様が

2ヶ月で5キロ痩せる〟上で

(私なりに思う)

注意すること〟などについて

お話をしていきたいと思います。

まず、私が

(ダイエット生活1ヶ月目にしたことで)

良かった〟と評価できる点としては、

上記のように
食べる量を減らしつつも
偏食することなく
逆に何でも食べて
栄養バランスが偏らなかったこと
(結果的に体重も減り)
十分に評価できる
ところではないかと思います。

しかし、

「食べる量を減らす際には
 一気に減らすのではなく
 徐々に減らすようにしていれば
  ・・・
 あんなにも
 つらい思いをすることもなく
 もっと楽に
 体重を落とすことができたはず…」とも

思えるのです。

また、私は

(過去10年以上にわたり
 体重が70キロを切るということが
 なかったこともあり)

ダイエットをスタートさせて
たったの〝1ヶ月間〟で
70キロを切ることができた
その喜びは相当なものがありました

が・・・

ダイエットスタートから
食べる量を一気に減らして
たった〝1ヶ月間〟
体重が〝6キロ以上〟減ったことは、

(上記の喜びを得られたこと以外は)

やはり
身体と心に
かなりの負担が
かかり過ぎたことからしても
評価することはできず
むしろ〝失敗〟であったと思うのです。

私は今現在
体重は64キロを
少しオーバーしているくらいで、

(私は結局約4ヶ月で
 〝約12キロ減量〟できたことに
 なりますが)

ダイエット中に毎日体重計にのり

(「あれ!?体重減ってないじゃん…」
 という時もありながら)

「お!体重がこんなにも減ったよ!!」と

体重が一気に減っている時は
ものすごく
テンションが上がったものですが、

(その当時のことを
 今改めて振り返ってみますと)

完全に我を忘れていた…」と

とても恥ずかしくなります…

私も40代に入り

(人生も折り返し地点を過ぎて)

「これからは
 自分の身体と向き合いつつ
 身体のメンテナンスをしながら
 健康維持に努めたい!」という

思いがあった中で
人生で初めて
ダイエットを試みた訳ですが、

逆に

(そのような思いがあったのなら
 それほど焦る必要はなく
 もう少し冷静に
 体重を減らすことと向き合い)

もっと長期的な視野に立って

1ヶ月1キロずつ減量〟くらいの

ペースを守るようにしていたならば、

(運よくも
 途中で挫折せずに済みましたが…)

心身に対する負担は少なく
また途中で挫折をしてしまう
リスクも十分に避けられたものと
思うのです。

ちなみに、

(私の経験からしましても)

体重を

1ヶ月1キロずつ減らしていく〟という

ペースであれば、
無駄な間食や食べ過ぎを
少しずつ減らしていくだけで
十分に達成できるものと思うのです。

しかし…

私は
ダイエットをスタートさせてからの
1ヶ月目はとにかく

「1日1食にする!」と

気合いを入れ過ぎていたこともあり、

その反動から

(ダイエットスタート後
 1ヶ月が過ぎた頃から)

なんで
 これほどまでに我慢して 
 ダイエットを
 頑張らなければいけないのか…!?」との

思いが頭をかすめ始めたりもして、

(それまで全力疾走で走ってきた
 疲れからか
 モチベーションも
 やや下がり始めたなか)

「お米って
 こんなにも美味しかったんだ!」

「食べるもの食べるもの
 みんな美味しいな~
 こんなに美味しいものを
 食べることができて
 しあわせだ~!!」などと

それまで
ふつうに食べていた
食べ物本来の美味しさに誘惑されて

(上記でもお話しましたが)

かなりの量のお菓子などを

「え!!!
 そんなに食べちゃうんだ!!!」と

自分でも驚くほどに
(誘惑に負けて)食べてしまったのです。

私はこのとき

(お菓子をバクバク食べながら)

「もう…
 こんなつらい思いは嫌だ!
 ダイエットなんて
 もうどうでもいいや!
 ダイエットをやめて
 またいつものように
 (間食も含めて)
 1日3食しっかりと食べちゃえ!!」という

考えも一瞬脳裏をかすめましたが、

まさに

(このような時こそが)

ダイエットに挫折して
リバウンドしてしまうか

それとも
また気持ちを切り替えて

ダイエットを
再スタートさせられるか

岐路であると思われるのです。

そして、私は

このような
お菓子類の誘惑に負けつつも

(〝転んでもただは起きぬ〟の精神で)

なんで
 (お菓子をあんなにも)
 食べてしまったのか?」と

その原因を探り
対策を講じたことで
なんとか
それ以上の深みにはまることなく、

また逆に

(ダイエットを続ける上では)

無理は禁物〟という

(自分なりの)教訓を見いだして
その後のダイエット生活に
上手く活かすことが出来ましたが、

(上記のような)食べ物の誘惑は
ダイエットを続けている限り
誰にでも必ず訪れることと
思われますし、

また、

よほど自制が利く人以外は
(私のように)
そのような誘惑に1度や2度
人によっては
それ以上に負けてしまうことも
場合によってはあるのではないかとも
思うのです。

そして、

そのような(食べ物の)
誘惑に負けてしまうことで

(そこで)

「もうこんなにも
 つらい思いは嫌だ!
 ダイエットなんて
 もうどうでもいいや!
 これからは
 もうお腹いっぱい食べちゃえ!!」と

ダイエットを
そこで終わりにするか

それとも
その失敗を糧にして

ダイエットを再スタートさせるか

どちらかの道を
(必然的に)選ぶこととなりますが、

まさに
このような誘惑こそが

(ダイエットを続けるかどうか
 成功と失敗に大きく分かれる
 〝分岐点〟であり)

試金石〟になるのではないかと

思うのです。

私は
〝転んでもただは起きぬ〟精神で
そのような誘惑に対して
ダイエットを行う上では

無理は禁物〟という

対処法をなんとか見いだして
ダイエットを再スタートさせることが
出来ましたが、

(〝窮すれば通ず〟)

物事というものは
真剣に悩んで
真剣に答えを求め続ける限り、

(ふとした瞬間に必ず)

「そうか!分かったぞ!」と思える時が

必ず訪れるものであり、

私のダイエット成功談が
あなた様のダイエット成功の
1つの参考例となるならば
嬉しい限りです。

以上が

(私のダイエット体験談の)

第3章】となりますが、

さらに、

第4章】では

ダイエット生活
1ヶ月後から2ヶ月までの様子を
お伝えできたらと思っています。

ダイエット体験談【第4章】▼

2ヶ月で10キロ痩せた成功劇

ダイエット体験談【目次】▼

40代のダイエット成功体験談【目次】

そして、
当記事はここまでとなりますが
最後までご覧いただきましたこと
本当にありがとうございました。

あなた様が
ダイエットを見事に成功させて
人生がさらにより豊かなものになることを
願っております。

がんばって下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました