失恋で辛い男性必見!辛い失恋で自暴自棄になりそうな男性が立ち直る方法

失恋で辛い男 失恋
この記事は約9分で読めます。

記事冒頭に
いきなり突然でありますが
当記事を読んでみようと思われた
男性のあなた様はおそらく
今現在
とても辛く苦しい失恋の真っただ中で、

「失恋のショックがとても大きすぎて
 心身はもう完全にボロボロ
  ・・・
 毎日がすごく辛くて
 食欲もなく眠れず
  ・・・
 やる気がまったく起きなくて
 もうどうしようもなくどん底
  ・・・
 男なのに恥ずかしいけれど
 だれか助けて…」などと

心身ともにとても疲弊されていらっしゃる
そのような状況ではないかと
失礼ながらもお察しします。

そこで、
当記事では
そのような失恋の辛さで

「もうどうにも
 自分1人では
 立ち直ることができない…」と

お悩みの男性のあなた様へ

(〝辛い失恋で自暴自棄になりそうな
  男性の立ち直り方〟として)

(当記事の)結論】は

あなた様が

この失恋を
 しっかりと受け入れて
 新たな自分と出会いたい!」と

〝決断〟をされて

〝覚悟〟を決められることで

前に進むことが出来る

ということで、

以下、
私の経験を通して
何かそのヒントになれることを
お話していければと思っています。

「スポンサーリンク」

失恋で辛い男性の心理

あなた様は今現在
お付き合いをされていた
お相手の方に
別れを告げられて
とても辛い失恋という状況において、

現実を受け入れようとしつつも
立ち直る兆しがまったく見えず
心にぽっかりと
穴が空いてしまったような状態
寝ても覚めても
そのお相手の方のことを
いろいろと考えてしまうとともに、

また、(あなた様は)

あなた様の下から去って行かれた
お相手の方に対する
ご自身の熱い〝思い〟

「あの人が
 自分の下から去って行ったことで
 いま改めて
 あの人は自分にとって
 とっても大切な存在であると気付いた…」と

あなた様にとって
そのお相手の方がとてもかけがえのない
大切な存在であったということを
改めて〝認識〟されているのではないかと
お察しします。

そして、また

あなた様は
そのお相手の方との
楽しかった思い出や
嬉しかった出来事などが
とても輝かしく
走馬燈のように頭に浮かんできては、

「もっと自分の真剣さや
 覚悟を伝えておくべきだった…」

「なんであのとき
 あんなに意地を張ってしまったのだろう…」

「もっと素直になればよかった…」などと

様々な後悔の念にも
駆られていたりもするのではないかとも
私は自分自身の経験からも
思われますし、

また、あなた様は

失恋したこの現実を
なんとか受け入れようと
必死になればなるほどに、

ほんのつい最近まで
お付き合いをされていた
お相手の方との
とっても楽しかったひとときを
ふと思い出してしまうとともに、

逆にそのような
楽しくもあり幸せだったことが
まるで嘘か幻であったかのように
感じてしまい、

ご自身のなかで
どんどんと辛さが増してきて
何をしていても
心ここにあらずというような状態で、
この失恋をしたという現実を
どうしても受け入れることができない
そのような心境ではないかとも
お察しするのです。

そして、あなた様はいま

「あの人のことは
 このまま
 いい思い出として
 忘れた方がいいのか…?」

「あの人のことは
 絶対に諦められないし
 いまものすごく後悔している
  ・・・
 この気持ちを素直に話して
 もう一度やり直したいと言いたい!
 でも…やめた方がいいのか…!?」

「俺は今後
 この失恋をどのように
 受け止めればいいのか…?」

「この失恋から完全に
 立ち直ることはできるのか…?」などと

いろいろな〝思い〟や〝感情〟が
湧き上がってきたりしていて、

「こんな俺に
 だれか適切なアドバイス
 してくれないかな…」と

誰かに助けを求めずにはいられない
そのような心境ではないかとも
お察しするのです。

「スポンサーリンク」

失恋で辛い男性が立ち直る方法

恋愛においては
特に男性は
お付き合いをしていた相手の方が
自分から離れていくことで

初めてその人の大切さに気付き

そして、

それを引きずる〟という

(過ちをおかす)傾向があるように
当ブログの
管理人である私自身も
身に染みて感じたりもする反面、

また、

失恋で長く苦しまれている
女性の方も
現にたくさんいらっしゃいますし、

「女性とはこういうものだ!」と

決めつけることは
女性に対して
(ある意味)失礼と思われますが、

しかしながら、

恋愛においては
特に女性
たとえどんなに長い時間をかけて
いろいろと悩んだり迷ったりされながらも

いったん

「こうすることに決めた!」と

〝決断〟をされると

とても潔く気持ちを
切り替えることができる傾向があり

「男性の方が
 女性よりも失恋を引きずりやすい…」と

言われたりすることもありますが
私も自分自身の経験からしても
確かにそうかもしれないと
思うところはあるのです。

それでは、ここから

なぜ(男性の)あなた様は
 お相手の方に
 別れを告げられてしまったのか?

ということに対して
話を進めていきたいと思いますが、

まず、あなた様には

(少々言いにくいことではありますが)

あなた様が別れを告げられてしまった
〝理由〟と思われることを
最初にお伝えしておきますが、

それは

あなた様が(お付き合いをされていた)

そのお相手の方に

「頼りない…」と

感じられてしまったこと
別れを告げられてしまった
一番の〝理由〟ではないかと思うのです。

〝恋愛〟とは

男性が女性に求める条件があるように
女性も男性に求める条件があるなかで、

「私を守ってほしい!
 だから強くて優しい人がいい!」と

女性が男性に求める条件

(女性が頼もしいと感じる)

男らしい強さ〟

女性が共感してほしいと思う
その女性の感情に寄り添うことが出来る

〝優しさ〟

やはり大きなウェイトを
占めているのではないかと
私は自分自身の経験からも思うのです。

そして、

女性が男性に求める
そのような
男らしい〝強さ〟とは

(身体的な強さも含まれつつも)

どのような状況においても
またはどのような逆境においても
耐えて活路を見いだすことができる
〝精神的な強さ〟ではないかと
思うのです。

また、

そのような
〝精神的な強さ〟とは

〝覚悟〟という言葉で

置き換えることも
出来ると思われますが、

人は
人生を生きていく上において
恋愛に限らず
想像をはるかに超える
様々な困難や障害に遭遇するものですが、

(そのような非常事態において)

「よし!やってやろうじゃないか!」と

腹をくくり

〝覚悟を決める〟ことが

出来るかどうかが
やはりそのような
非常事態に対処する上では
もっとも大切で必要なことではないかと
思うのです。

そして、女性は

心の奥底では
そのように潔く腹をくくり
〝覚悟〟を決めることができる
男性の〝精神的な強さ〟に憧れ

「頼りたい!」と

思っているものではないかとも
思うのです。

また、先ほど

女性は
たとえどんなに長い時間をかけて
いろいろと悩んだり迷ったりしながらも
いったん

「こうすることに決めた!」と

〝決断〟をして
〝覚悟〟を決めると、
とても潔く気持ちを切り替えることが出来る
そのような傾向があるのではないかという
お話をしましたが、

女性は
最終的にはそのように潔く
ご自身で〝覚悟〟を決めることが
出来るからこそ、

最後の最後まで
うじうじと
〝覚悟〟を決めることができない
男性に対して

「ごめん…
 もうこれ以上は待てない!
  ・・・
 付き合っていられない!」と

〝覚悟〟を決めて
その男性の下から去って行くという
〝決断〟をされるのではないかと
思うのです。

そして、

あなた様と
お付き合いをされていた
お相手の方
実際にどのような理由で
あなた様の下から去って行かれたのかは
あなた様とそのお相手の方が
どのような
お付き合いをされていたか
ということによると思われますが、

でも、今現在あなた様が

「失恋がつらすぎる…」と思われて

いま現にこうして
当記事を読んでいただいている
ことからしましても、

また、そうであればこそ

あなた様はいま
今回の失恋に対して

「あの人が
 俺から離れていったのは
 ある意味
 俺の自業自得のところもあるし
 しかたがない!」

「もしかしたら
 最初から
 こうなる運命だったのかもしれない!」

「実は俺自身が心の奥底では
 この結果を
 望んでいたのかもしれない!」などと

〝決断〟して
〝覚悟〟を決めることからは
失礼ながらも
先延ばしされているのではないかと
思うのです。

また、さらに

あなた様は
おそらく
今回の(失恋に至った)恋愛のなかで
〝決断〟すべき場面において
〝覚悟〟を決めるということを
先延ばしされていたことが
少なからずあったのではないかと、

そして、お相手の方は

そのように
〝覚悟〟をなかなか決められなかった
あなた様に対して

なんか頼りない…」と

感じていたのではないかとも
思うのです。

失恋をされた
あなた様は
いま人生のどん底の辛さと苦しみを
感じられているものと
私自身の(過去の)辛い失恋からも
お察ししますが、

でも、
あなた様には
どうかこの辛い〝失恋〟から
〝覚悟〟を決めて
立ち直っていただきたいと思うのです。

また、あなた様は

おそらく

「なんだかんだ言っても
 最終的は
 自分自身で〝覚悟〟を決めて
 この失恋の辛さから
 自分の力で立ち直らなければ
 ならないんだよな…」と

私が言いたいことは
ほぼ分かっていらっしゃるものと
思われますが、

あなた様は

この失恋を
 しっかりと受け入れて
 新たな自分自身と出会いたい!」と

〝決断〟をして
〝覚悟〟を決めることが出来さえすれば
少しずつでも前に進むことができて、

いい経験をした!」と

思える時が必ず来るはずですし、

また、あなた様が

そのように今回の大失恋から
見事に〝覚悟〟を決めて
立ち直ることができた時には、

人は(あなた様に対して)

「(この方は)
 人の心の痛みが
 よく分かるみたいだし
 なんかすごく頼りがいを感じる!」と

感じ始めるものですし、

また、

次の〝恋〟が
すぐそこまで来ていて
待っていたりするものとも
思われるのです。

ただし、

何事においても
また今回のような大失恋においては
特に無理は禁物ですから
あなた様には
立ち直るための期間を
少し長めに設定していただくとともに、
ご自身と少しずつ
向き合いつつ対話をして
あなた様らしさを
徐々に取り戻していただきたい
思いますし、

今現在の
あなた様の辛さを考えれば
取り返しがつかなくならない程度に
多少自暴自棄的になられても
ある意味
仕方がないこととも思われますが
絶対に無茶はなさらないでいただきたいとも
思うのです。

そして、
あなた様には
いずれ〝覚悟〟をもって
是非とも
あなた様の〝幸せ〟を
手に入れていただきたい
心から願うのです。

応援しています!

また、
〝覚悟〟を決めるための方法としては
こちらの記事の

失恋がつらいので助けて!と叫ぶつらい失恋から「完全」に立ち直る方法
あなた様は今とてもつらい失恋の真っただ中で様々な感情と思いで誰かに助けを求めずにはいられない状況ではないかとお察しします。そこで当記事ではそのような失恋のつらさから思わず「助けて!」と叫ばずにはいられないあなた様へ〝助けを求めるほどつらい失恋から完全に立ち直る方法〟ということでお話したい思います。

〝思い〟や〝感情〟を
 〝言葉〟にして
 〝紙〟に書きだす』というところを
参考にしてみていただけたらと思います。

以上、
当記事はここまでとなりますが
最後までご覧いただきましたこと
本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました